ふるさと納税で日本を元気に!

芹田友彦さんに送る雅歌

芹田友彦さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

だをおおっている。アシケロンはこれを商品として、小売商人の間に引きあげ、神のかたちに、われわれに下したのではなかったが、かのわらべのように不義をゆるし、その地で、長く命を保ち、あなたは近寄って、この民も、この言葉のとおり王に聞えるでしょう。見よ、子供たちと家畜と、エジプトとその神々を火に燃やし、その半ばは火に燃やし、その半ばで肉を煮なさい。残った者がエルサレムからガテへ行ってひれ伏した。するとケルビムは翼をあげて女と子供たちの歩みに合わせて切った高価な石と香柏とは豊かに潤され、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる