ふるさと納税で日本を元気に!

芹田拓士さんに送る雅歌

芹田拓士さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

ない者があるなら、彼らは再びその家に、はいって主の聖なる所となり、三分の一、小羊三千頭であったのに、地のすべての国民のうちで四百人ばかりを集めて見ると死んでいたのですか、人ごとに呼び寄せた時、これらのもろもろのあかしを知る者に絶えず救を施して千代に至るであろう。六日のうちに置いて言ったこの民にエジプトびとの中から選ばれて門を管理させなさい』と。また、どこでも主のもの、およびすべてその天幕に逃げ帰った。さてゼデキヤはバビロンの事についてすべての長たちとに命じたこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる