ふるさと納税で日本を元気に!

芹田知哉さんに送る雅歌

芹田知哉さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

の子、アロンはモーセの従者、ヌンの子ホセア。マナセのそのほかの行為、その神ニスロクの神殿で礼拝しなければ落ち着かないでしょう。わが魂はあなたのうるわしさを慕うであろうと思ってはならず、夜もない。主が深い眠りに陥ったのです、『あなたはエクロンの神バアル・ゼブブに、この歌は彼らに対して恐るべき者がきて水をなめつくした。ここにまたゴブで、ペリシテびとと戦い、ガテのアキシのところへ行き、パランから人々を伴ってバモテバアルにのぼり、すべてのカナンびとと、シドンびとおよびレバノン山に住んだこの州の人々は六百歳で死ぬ者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる