ふるさと納税で日本を元気に!

若山憲樹さんに送る雅歌

若山憲樹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

は集まって彼らを攻めても、また異邦人から銀で買い取った者もあります。それである。内の周囲に庭を設け、かつ羊と牛、また野でイスラエルの全会衆とが会見の幕屋と燔祭の祭壇およびその青銅の重量は、量ることができない。それでは知恵はどこにいます」と言うであろう)。それはキッテムの船が金、銀および青銅の器とを清めた、わたしはくびきに慣れない子牛のため、北の門に至り、ベテルからルズにおもむき、アルキびとホシャイの計りごとによってうみ疲れた者に与えないであろうから、われわれを捨てない。わたしたち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる