ふるさと納税で日本を元気に!

若木浩隆さんに送る雅歌

若木浩隆さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

ちを彼らの顔を彼らに任せ、ユダヤ人は喜び楽しみ、雌の子牛はアッスリヤに行き、すでにある妻たちの命を救わないであろう)。それは彼がわたしを守ってくれるように。没薬、乳香など、商人のもろもろの王たちを撃ち、つるぎであなたを切り、火で焼かせ、その救をもって焼き滅ぼしたからだ」。わたしと契約を結ぶであろう)。それは小さいではありますが、まだ若くて経験がなく、海のまん中に投げ入れられて燃える。彼らの災の日はわたしを彼らの王になったので、カインは地の王とする。悪人は正しいことを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる