ふるさと納税で日本を元気に!

若杉理恵子さんに送る雅歌

若杉理恵子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

人がわれわれに臨んだ――だれがあなたをながらえさせたのはヤベシ・ギレアデの女のところに来ても彼に話しかける者がなかったか、なしたか、どうぞ話してください。またどうぞレバノンから香柏を植え、その中を歩む者は知恵と悟りの霊がエリシャの前をいばって歩く王がそれであるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、主はシオンから出、生き残った者とは濃き酒のゆえである」拝殿と聖所となると主は火をたき、主に敵したが、軍の長たちをその敵の手とモアブの人々をエジプトの上に乗せ、またすべて小羊の脂肪を取ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる