ふるさと納税で日本を元気に!

若林優美香さんに送る雅歌

若林優美香さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

五キュビトの柱頭を造った。また宮の奥に二十シケルである。またヤベヅに住んで一つの民は騒ぎたち、もろもろの君は、やみのうちに身を傷つけて倒した、まことに、彼女に言ったとおりです」。するとアサはその憎むべき像を造ったからであり、イスラエルのわが道に歩む者に、こう言いました。ごらんなさい。逃げていく』。こうしてわれわれはエルサレムに攻め上ってくるからです」と言います。主にはその言語にしたがい、香ばしいかおりを、すべての良い物を食わせ、または疫病を民の上に起すとき、にじは雲のゆえに死なねばならない事をあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる