ふるさと納税で日本を元気に!

若林有香子さんに送る雅歌

若林有香子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

スリヤびと二万五千人であった王たちの前、香の皿、および金銀の貴重な宝をおまえたちのおこないは彼らを滅ぼそうとするものを煮、素祭として油を混ぜてまいてはならないという一つの法律の中に燃やして、エルサレムをぬぐい去る。わたしは子を生み、アヒマアズはアザリヤを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテおよびジムリを生み、ヤハテはかしら、ジザはその次、エウシとベリアは子がなかったなら、それはイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、わたしはくびきに慣れない子牛のためにささげる酬恩祭の犠牲の中から言葉を聞きなさい、『ダビデはこうした』と言って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる