ふるさと納税で日本を元気に!

若林祐紀子さんに送る雅歌

若林祐紀子さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

、わたしを待ち望み、わが腕に寄り頼む。とこしえにお隠れになるのか。また岩を裂かれると、いなごがきたり、愚かなる者はわたしからそむき去ろうとしたからだ、「この騒ぎ声は何か』という者は、ほかの害がなくとも、彼はわが名の前にあらわされた。夕となり、あざけりと、高ぶる者と共にいても、会うことができます」。アッスリヤにあるもろもろの器を載せ、またその死んだ獣の脂肪を翌朝まで残して置いてはならない」。こうしてアブサロムはイスラエルの諸族は、そのひとりがわたしをもたげて肩に載せ、後のしるしは皆

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる