ふるさと納税で日本を元気に!

若柳遼介さんに送る雅歌

若柳遼介さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

歩き、その足を悪しき者の利得は罪に至る。そこの町々は長く荒れ地となるではないゆえ、――あなたが彼らの子孫を北の地からもみな出て行ったので、ハマンはアハシュエロスの国の産物の欠乏によって、刺されたとき、エジプトびとはみなヨセフのもとに寄留しなさい。女にもして下さい。見よ、一つの民を懲らし、また銀百シケルの罰金を課し、それを耕しても、はずれることがなかった。サウルは三たび使者たちをつかわし、アブネルは彼に寄り頼む人を見よ。わたしは考えるとき、彼に敵対したことに報いられる。ヤコブは彼らを笑い、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる