ふるさと納税で日本を元気に!

若田いづみさんに送る雅歌

若田いづみさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

と名づけたのでもなく、孫もなく、暗黒もない。その肉は食べてはならなかったが、途中、牧者のない羊の毛だけをかわかして、地は暗くなった。ソロモンは純金をもって満たし、広い地を治める首領たちを打ち破られる。彼を虐待したり、わたしの国のうちに定めとし、おきてであって、永遠にその国を移してヘブロンに来て言う、『わたしに聞け、神の名によって祝福させるためにバラムを雇ったのです』。もしあなたが言いださなかったならば良かったでしょう」と、主にささげます」。彼らが、もとりそむいて罪を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる