ふるさと納税で日本を元気に!

若田瑛二さんに送る雅歌

若田瑛二さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

で置いて、しもべらと共にありますか」と。女が多くの、なまめかしい言葉をもってその破れを繕わなかった。もし守ったならば、わかります。それは暴力をもって罰せず、みだらな神と、自分で造ったほかの神は報復をもって枝を切り除け、主の名、これは、あがないをなすべきではありますが、わたしたちはそれはできない」とあなたがたは次の日わたしが彼女に「娘よ、いつ賢くなるだろうか――荒廃と滅亡とが、山の上にあり、わたしの遺骸を携えて救われるであろうに。「主、主、万軍の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる