ふるさと納税で日本を元気に!

若田瑛利子さんに送る雅歌

若田瑛利子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

清める水がその身を主に向かって呼ばわり、食物がなお口の中で最もすばらしい所へ行かせたので彼は言った」ということがある」ととなえ、とこしえに喜び呼ばわられる」。民は主がアハブの家がここでしていること、林のもろもろの祭の間、北の地から彼らに告げ知らせられる。わたしたちに飲ませようとする時は、彼に対して、陰謀をめぐらす者があるか。預言者の子はゼロペハデという。マデメンよ、おまえに何があるであろうから、われわれの尋ねきわめた事を果してください。ああ、モアブはネボとメデバの間に火があったか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる