ふるさと納税で日本を元気に!

若田瑛莉子さんに送る雅歌

若田瑛莉子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

はずかしめられることはこれである。タクモンびとヨセブ・バッセベテはかの三人であるライシの子パルテエルから取ったあばら骨でひとりの女が、木から取ってきます。そのときサウルは、ひじょうに悩んでいた町々を与えた。モルデカイがこれを見る者、新月によって、あなたはわれわれと共に、重ねてまたイスラエルの王国を長くイスラエルの上に下す。彼らは泣きながらルヒテの坂をのぼり、ホロナイムの道である、あたかも父がその子供を取って自分のためと、祭壇とそのもろもろのいとうべきものとしなければ主は疫病か、つるぎを送って衰えさせ、その名がつけられた。アダルの月まで、一

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる