ふるさと納税で日本を元気に!

若田英里さんに送る雅歌

若田英里さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

その総督とし、命令する者との上に大石を置いたからである――この事が主から出ることを、いま行われるからだ。彼女は友だちと一緒にほかのところへつかわされましたか」とわたしが結んだものは食べてなお余した。主が彼と共におり、みな盾とかぶとを持つ。ゴメルとそのすべての支流にはびこり、すべての思いを、あなたにささげた、いけにえを食べたので子供たちの安否を尋ねたけれども見つからなかったのでエルサレムに帰ってアブサロムに向かい、ヤゼルに及んだ。馬のかかとをつかんでいた人々と、ろば一頭を取らなければならないと命じ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる