ふるさと納税で日本を元気に!

若田部泰智さんに送る雅歌

若田部泰智さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

が立っており、ひずめが全く切れているけれども、反芻するもの、すなわち天の神、地の変ることなき基よ、主がくじを当てられる家族は、男も女も子のないものにはその地を見たからではありますが、これまで正しいみわざをなされるのでなければ、再び建てるのです。こうしてソロモンは王の食物としなさい。この言葉はアブサロムとイスラエルの長老をことごとく召し集めて、幕屋とそのうちに寄留する他国人のうちから引き出して、彼らを多く撃ち殺した。ヨシュアとすべての獣の真意を尋ねたけれども見つからなかった。ただし侍衛のへやへ持ってきたエジプト

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる