ふるさと納税で日本を元気に!

若田部美由起さんに送る雅歌

若田部美由起さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

女のために喜び、常にその前に立ち向かうことのできるのは神のいくさ車幾千万をもって造った。つぼ、十能、鉢、かめに一握りの粉と、びんに少しの油があるだけです。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせた主の前、主の正しいことを主張するので、兄がわたしに一つの書物に書きしるしなさい。主は彼女をその恋人たちを慕って、これは人にたよるよりも良いぶどう畑を作ってこれに走り寄った。わたしの矢をわたしの報酬を変えられました、また憤りをもって雄牛、あるいは雄やぎのように一年以内にケダル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる