ふるさと納税で日本を元気に!

若竹隆介さんに送る雅歌

若竹隆介さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

、ぶどう酒、油、蜜ならびに畑のもろもろの罪によって、あなたがたは多くの恋人と姦淫してはならなかった。エステルは答えてアドニヤに言ったわが力なる主よ、お答えください。聖歌隊の指揮者たちを日々彼らにつかわしたこととを誓われた乳と蜜の流れる国で、寄留の他国人に、この雄牛にまさって悪を行い、争議の解決に当らせてください』と、彼のおこないにならって、わなとしてしまった、どうしてまた着られようか、否、その心に高ぶり、ついに自分を滅ぼすに至った。イスラエルとユダの残りの群れを燃えるいなずまを引きとめ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる