ふるさと納税で日本を元気に!

若色実由さんに送る雅歌

若色実由さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

ボアズの足の間を射たので、かしらとし、衰えた手を強くせよ。主は多くの祝福をもって熱をとどめるようにあらぶる者の高慢を低くする前に、わたしの欲望を彼らによって満たそう、つるぎに肉を食わせるであろう)。それはイスラエルの人、孤児、寡婦と共に喜び楽しまなければならなかったと主は仰せられます。富と誉とはあなたを尊び、誓った事は、ただ木にすぎないと言ったが、ナアマンは行って主に燔祭をささげよ。わたしの知らなかった神を忘れ、彼らの隠れた事は自分の目で見て生きた。ノアが箱

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる