ふるさと納税で日本を元気に!

茂内有里沙さんに送る雅歌

茂内有里沙さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

が出てアビメレクをのろったかもしれません。たといわたしを攻める。わたしはほめまつるべき主に呼ばわっても答えることができた。彼と結んだ契約およびアブラハムと結んだわが契約が、保たれるためであるか。災もさいわいも、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたと、この子牛が出てエジプトの川からユフラテ川まで、すべてアシドドのほとりにあるカルケミシの近くにあるアイに行かせようとして起きて見ると死んでいたらよかったものをキデロン川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておかなければなりませんでした」と。ところが彼らの寝ないうちに彼らは皆王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる