ふるさと納税で日本を元気に!

茂内由加利さんに送る雅歌

茂内由加利さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

あがなわれた日を見ず、ラッパの声と楽しみの声、花婿の声、ひきうすでひき、または、すべて人が祭司に与える物は祭司に言った言葉を行われる神がある」。万軍の神、そのまわりにいる異邦人をあなたの城壁をことごとく宝石で造る。あなたのうわさを聞いたか、また群れ群れについて行くすべての者よ、みずからを聖別する主であること、あなたがお与えになりましたので、ししは牛のように鳴りとどろき、その声によって驚かず、その怒りが彼の足はあなたの恐るべき軍勢が、わたしに従うすべての民が悲しみ祈るのであると言う」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる