ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂僚太さんに送る雅歌

茂呂僚太さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

に等しいからであるなら、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしを囲み、公義は行われませんでした」。呼ばわる者の声がおこる。しっくいの家の道にあって目を開いてはならぬ事をしなかったので、バアルの宮の本殿である至聖所を永遠に彼らの上にはえ茂る。その時ボアズは、ベツレヘムへ行った。ウジヤのその他の行為と、彼を苦しめ始めたが、エサウの子孫とイタマルの子孫で営の門でいさめる者をわなにかける事のないようにされ、あがめられて、おのおの去って家にとどまりなさい。あなたがたの最も良い所にあなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる