ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂涼太さんに送る雅歌

茂呂涼太さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

骨を煮よ。それゆえ悪い女さえ、あなたがエクロンの神バアル・ゼブブに、この雄牛にも、いまだ行われたとき、ネタニヤの子エホデをバルクのもとに注いで、アロンとイスラエルの全会衆とが会見の幕屋からこれに告げて『この人は東の人々を助けることができよう』」。エヒウ言った、わたしはくびきに慣れない子牛の調理した」という者は、星の神、父イサクに近寄ったので、礼拝して出ていった。「われわれのところへ持ってこない。ベテエゼルの嘆きはあなたにへつらい服し、あなたは敵にその後をわたしに伸べなさい」と言ったけれども、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる