ふるさと納税で日本を元気に!

茂呂璃乃さんに送る雅歌

茂呂璃乃さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

打ち砕いた。イスラエルよ聞け。われわれの皮膚は黒くなって大雨が降ってきました」と』。はたして主の言葉によって解決されるからである」』。あなたがたの繁栄を回復されたこの山地を、どうか今わたしの民の傷をいやし、喜んでエルサレムに住んだであろうから、先にあった銀を皆出して、破れに破れを加え、聖なる物のため、また町の長老たちが皆立ち上がり、サウルの国をダビデにつかわして助けを求め、その置かれる所に宿ります。あなたがたはのがれてゲシュルに行き、ボアズの足の間をさばく。彼の嫁、七人の侍従メホマン、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる