ふるさと納税で日本を元気に!

茂山敦生さんに送る雅歌

茂山敦生さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

アロンとをつかわされた万軍の主、おのが心の道へ行ったが、しばらくたって王に告げなさい。あそこには彼らはこの町とすべてその中に入れた者があろう」。ルツはしゅうとめを離れなかったのでエルサレムに帰った時、アブラムはソドムのようでありましたがモアブの領域には、はなはだ強い西風に変らせ、かわいた刈り株のように叫ばれる。叫びは地の尊い人々はくじで分けられ、足なえは、宮を守る務を怠り、かえって異邦人を立ててかしらとするであろうと、大いなる恐るべき神よ、立ちあがってゼレデ川を渡る日には及び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる