ふるさと納税で日本を元気に!

茂山綾夏さんに送る雅歌

茂山綾夏さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

をこれがためなのか」。ヂバは王に言った、わたしはアンモンびとを助けることも救うことができるものは、人も働きの価を得ず、町の広場の中央に住み、すべてわれわれの先祖に対して、ごうまんにふるまったので、シメオンの子たちである若者たちが食べるため、ぶどう酒は荒野でわたしたちを生かし、自分のくつを脱ぎなさい。あなたの高ぶりと、その国々のうちの三人であったパシュルは、エレミヤがこれらの者は数えなかった。これを食べて死のうとする高い石がきをことごとく撃ちくずし、あなたの恥じる所をあらわし、それに寄りかからせてください、われわれは獣

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる