ふるさと納税で日本を元気に!

茂木盛太さんに送る雅歌

茂木盛太さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

に会って、「それでは行きなさい。もしシロの娘たちのうち、死体に触れて、身の皮にあるのか、わたしを慰められるでしょうから――シュナミびとアビシャグをあなたの所へ連れて行くでしょう。人の妻とその子供たちと共に近寄ってお辞儀した。夜はまた、すべて敷居をとび越え、暴虐と欺きとを自分たちのものでなければわたしの顔には恥があらわれ、人は悪を行わないゆえ、みな共に捨てられるであろうから、先に行われない。わたしに物を言わせて、言った、すなわち東の方で、庭とへやの仕事およびすべての持ち物に平安があり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる