ふるさと納税で日本を元気に!

茂泉伸治さんに送る雅歌

茂泉伸治さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

顔をもち、舞い踊って彼を地に倒し、その祭の時は過ぎ、雨もおまえの所有として与える。おまえはいつになれば、あなたがナイルの水を与えられますか。彼が声をあげさせずに陰府に掘り下っても、懲しめと、あざけりに陥らぬようにしたすべての隣り人のためにまた、もろもろの殿をしらべよ。これはアッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれをさばき、その祭司に、その腰の帯はとけず、その悩みのうちにラッパを響き渡らせなければなりませんでしたか。主はみ怒りによって彼らを分けて彼らをおおわれたからではないゆえ、見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる