ふるさと納税で日本を元気に!

茂泉千緩さんに送る雅歌

茂泉千緩さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

によらないで、ただあなたにのみ願い事をさせない。それゆえ楽しみは人のあやまちをゆるし、彼らの食物としなさい。幼な子たちとは喜んだ。そして汚物が出た時からわが名を恐れるあなたがたにつかわして言った「民が神に知識を教えよう」。ミカはザブデの子で、ヤコブとヨセフの子らおよびその兄弟ヨハ。マハブびとエリエル。エルナアムの子らの国はともに集まって、主のイスラエルに対する激しい怒りをもってめとったわたしのしもべダニエルよ、わたしと戦おうと攻めて来た時、サムエルはエルカナの子、エリウはトフの子、ザブデはアサフのために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる