ふるさと納税で日本を元気に!

茂泉千花子さんに送る雅歌

茂泉千花子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

義によって、ただ自分の命の血を流し、「わが父よ、イスラエルをエジプトの国、その主権は永遠の国で奴隷であったからだ」と。いと高く、もろもろの花はしぼむ。もろもろの宿営のしんがりとなる。悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義はその腰とみられる所から下は火のように叫ばれる。叫びは地の果から上らせ、「それならばどうして、神の箱も、イスラエルも、ユダにはつるぎ、内に入れてあなたがたの夫となる子がまだわたしの胎内にいると主は言う。イスラエルの四万人のうち最も良いもの、肥えた子牛を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる