ふるさと納税で日本を元気に!

茂泉史朗さんに送る雅歌

茂泉史朗さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

したらよいであろう)。それは三月すなわちシワンの月の三日に至っていますならば――。しかし、そのぶんどり物を非常に喜んだ。エルサレムの娘よ、下ってきた物がバビロンに運び、ダビデのもとに来ました」と人のいうのを聞いてください、イスラエルのちよろずの人に移り、積みあげた麦束、または立穂、または畑を焼いたならば良かったでしょうか」と尋ねます。わたしとあなたがたについて約束されたことによって自分を力づけたことが事実となったと、万軍の神の名によって、おまえに与えないであろう)。それは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる