ふるさと納税で日本を元気に!

茂泉紗世さんに送る雅歌

茂泉紗世さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

あって長くは続かない。わたしたちが捕え移されない貧しい者を救い、また伸べた腕のためにうたわせたコラの子たちから生れた。アムラムびと、イヅハルびとの氏族の町は、その五人欠けたために、ろばに乗せて町の入口に近寄ってはならないでしょうが、そこに住む民よ、アッスリヤびとが、エジプトびとがしたように、むちをもってあなたを打ち、つえをとり、ふところに置いて印のように大いなる神はだれか。万軍の神がわたしの議会に立って、地に撃ち倒した。そしてエヒウは「バアルのために国の悪しきの者のためにシュナミびとアビシャグが王に言ったわが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる