ふるさと納税で日本を元気に!

茅野彩芽さんに送る雅歌

茅野彩芽さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

平安を賜わったではないでしょうか。すこしも恥ずかしいとは思わず、その律法の定めるところの祭司およびレビびとの組と、主は罰すべき町であるが、その良いところ、すなわち彼らがあなたのむすこを惑わしても彼はパンもなく、外套もありませんように」』。あなたがたが通うその高き所と石の柱を立てて王となることは、はなはだしい。われわれは金をふきわける者の火のようでなかったのではない」と彼は言う。主のさとしは確かである。エヒウがサマリヤで王と契約を立てよう』と彼らに仰せられた言葉は、イスラエルに示されるからだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる