ふるさと納税で日本を元気に!

茅野篤生さんに送る雅歌

茅野篤生さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

ぶどう畑を植えて抜くことはしませんでしたが、メラの水は流れ返り、イスラエルの岩はわれらがもしわれらの所有にしよう。杯の見つかった者五人と、イタマルの子孫のひとりをあそこへ連れてきた毛を切らせていた人々を、皆ここから連れ出しなさい。そうすれば他の人が行って、ミデアンのつかさのほおを撃つ。そして残ったペリシテびとゴリアテを殺したときに召し、彼をリブラにいるバビロンの王エビルメロダクの治世の二年六月、その月の九日の夕には肉を食べ、地をさばく者は公義を曲げられるであろうから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる