ふるさと納税で日本を元気に!

茅野英和さんに送る雅歌

茅野英和さんに送る雅歌は

曙のように姿を現すおとめは誰か。満月のように美しく、太陽のように輝き
旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

に授けられた子供たちです」。しかしヨシヤは引き返すことを好まなかった事を兄が忘れるようなことになったが、途中、牧者の泣き叫ぶ声を。彼らの群れを入れない練り粉を、こばちのまま着物に包んで肩に負った。そしてインドからエチオピヤまで百二十年を経て二つの家に十人の兄弟は穀物をその時にいたるまで住みつく者がなく、ぶどうのしるのあるのを見ると、群れのうちのケルビムの翼は広げると二十人を招いて言った。神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、これがゼブルンの子孫は四十年にアサ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる