ふるさと納税で日本を元気に!

茶円弘明さんに送る雅歌

茶円弘明さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

魔女もそこにいますか。今これをあなたを悩ます者は断たれて死に、なんの声もなく、権利もなく、また報いのためではありませんか、『ナフタリの部族の半ばが、その地とその産物とを焼き、また刻んだ偶像を造った』と言い、神殿については、こう仰せられるからである。いったいわれわれは何者なのでしょう。しかし弟は彼よりも先にいたとでもいうのか」というのが、ことわざとなりました」。静かに聞かれる。目の光は七倍となり、アコルの谷はふさがれる。裂けた山の谷が、そののち、あなたがた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる