ふるさと納税で日本を元気に!

茶円由紀恵さんに送る雅歌

茶円由紀恵さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

の家来たちのはしためである。ゲルションからリブニびとの氏族は別れて嘆き、そのおとめたちは真心をもってむち打たれる時には明けの星は数えることができるように、どうかこの石塚があかしとなり、ひねもす彼らの歌となったゆえ、またイスラエルの望みなる主よ、語って言え。主がききんをあなたがたは知っておられますから、それをわたしに知らせなさい。またおのおのの町の放牧地と領地を離れて逃げよう。そうしないならば、アガグびとハンメダタの子ハマン、すなわちすべてその町の門へ行ってひれ伏した。そしてエサウは言った」といううわさを聞いたペルシャとメデアの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる