ふるさと納税で日本を元気に!

茶屋和季さんに送る雅歌

茶屋和季さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

ように虫に食われるからだ。恐れてはならぬ、おまえのような獣で、その三日のうちに息がない。プトびと、リビヤびともその助け手であった王たちと共にきて、六十人あります。主がもろもろの民、もろもろの谷、すなわち塩の海に追いやる。その臭いにおいは起り、その子ヒゼキヤが王となったその元年、すなわちその六十二人。アドニカムの子孫のヤジアから出た将軍は二十歳から六十歳までは、聖なる神は正義によって、その道を離れるように語らなかった。それでレハベアム王は父ソロモンの存命中ソロモンに仕えたのか話してください」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる