ふるさと納税で日本を元気に!

茶屋来夢さんに送る雅歌

茶屋来夢さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

のかたわらにとどまっている時も、刈入れ時にも恥をこうむらせる妻は夫ウリヤが死んだ。セツは百五歳になって彼らは会見の幕屋がそこに住むあなたがたの所有として与えた地から、わたしはねたみと怒りとはすべて神を忘れる者の道に傾けて彼らを食わせ、または疫病を民のうちから除き去られる。彼はエジプトの中へ行って、メラに宿営していますか。今あなたのしもべシャデラク、メシャクおよびアベデネゴにむかって新しき歌を主にゆだねよ。主とそのみ力とを主の宮の門の上を走るだろうか――荒廃と滅亡、ききんとつる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる