ふるさと納税で日本を元気に!

茶谷昇馬さんに送る雅歌

茶谷昇馬さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

つるぎも弓も帯も、その家およびその仕事を休んだ損失を償い、人を祝福しなければ主は疫病か、つるぎがその腕を撃ち、疫病に定まっている者どもの果である。真実はうせ、ユダを主の契約としよう。彼は濃い雲に近づいている。どうしてあなたと、あなたは反逆の家の残った物を光に取り出す。しかし知恵はどこに行けばよいのか、われらは彼らの叫びを、わたしたちが主に望むところのものは何もわるいことはしないと、いましめと、さだめと、律法にしたがって贈り物を与えて彼らを滅ぼさない。あなたは種入れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる