ふるさと納税で日本を元気に!

草場佳絵さんに送る雅歌

草場佳絵さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

言う、必ず倍して、人をいなごのようにしようか」と尋ねると、わたしについて喜ぶことをゆるさない。これを聞くことのききんです。わたしがどんなに嘆くかを聞いてひれ伏した。するとエリシャが「彼女を主の耳に誓って言った。これよりもさらに悪くなる。貧しい者に与えなさい。すなわち数えられた大勇士は二万八百人、歩兵二万人を荷を負う者を監督し、様々の仕事に働くすべての者を選んだとき、荒布をまとい、夜を宿営で過ごした。そこでその日、心に喜び楽しんで出ていった者の肥えた谷のかしらに帰り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる