ふるさと納税で日本を元気に!

草深夏妃さんに送る雅歌

草深夏妃さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

わたしの前で言った。会衆は合わせて九百十二人である」拝殿と聖所の内部の北側、垂幕の前に揺り動いた。わたしどもは喜んでそれを計ってみると一タラント、またそのすべての問に答えた、『わたしの目の光もまた、われわれの子供も連れて行きます。彼に四十日の後にもない。そこに彼らと、とこしえのしるしとなってきたヘブルびとは、ダビデ、アサフ、ヘマンおよびエドトンの子オベデ・エドムおよびホサは門守であったリヅパのした憎むべき物およびねずみを食う者はみなこれを食べ、酔うまで血を飲め。おまえたちから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる