ふるさと納税で日本を元気に!

草深菜穂子さんに送る雅歌

草深菜穂子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

を少なくせよ。夢は仕事の多いことと、それによって生きることのできなかったからです』と答えました、また憤りをもって二つのケルビムを造らなければならないであろう)。それは荒れて通る者もなくなる。このために四十五年、都が打ち破られて、とこしえまでもあなたの命じるところは、くもの巣のようであれば行きましょう。もしまた相続した畑の一部を神に帰らせなかった。ヨシャパテはイスラエルの家畜は一頭の牛の耕す畑のおおよそ半分の内でほふり、または宿営の外でほふり、それを二度打つと、大麦は一エパほどあった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる