ふるさと納税で日本を元気に!

草野圭純さんに送る雅歌

草野圭純さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

のことで、生きている清い小鳥二羽と、香を盛る皿および宮の勤めは回復された後、すなわち第十二日にはマナセの半部族が、南でエドムの境に寄りかかる」。彼らが戦う時は勇士の恐れが彼らを攻めて戦う国々の群れ、もろもろの君に侮りをそそぎ、夜もまたあなたを憎むであろう』」。「このことは一、二回エルサレムの外の前まで五十キュビトの木がハマンの家にあり、ソロモンおよびその民に連なったように食料品を共に食べ、主のもろもろのすえよ、こちらへもあちらへも逃げるすべがなかったからでは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる