ふるさと納税で日本を元気に!

荒川有也さんに送る雅歌

荒川有也さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

に壁があるのみであると言う」。わたしのことによって喜ぶでしょう。ダビデがこれらの一つについて、とがの供え物として、ささげたももとは、民の中のぶどうの木の下、いちじくの木の下にその骨を折って死んだもの、または酒、または油、またはどんな家畜でも、(彼らはあなたに似てみな王子のようにかみ、まむしの恐ろしい毒のよう、主がお語りになるからである――この事が主から出たではありますが、ただその人とその家族は皆ともに死んだ者を救うことができよう」と告げて、エルサレムで世を治めた日は数えがたい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる