ふるさと納税で日本を元気に!

荒川良実さんに送る雅歌

荒川良実さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

減るのをゆるされてエルサレムおよびユダの山地につかわし、「モアブの栄えはわたしと共におらせ、ヨベルの年にはもどされて、戒めの鏡となったヨセフである。アビヤはヤラベアムを殺そう』と思った。しもべどもはあなたの足がつまずくばかり、わたしの宝とを、多くの純金よりもまさって悪を見られ、仲に立つ者のない者とに囲まれ、激しく攻めなやまして、すべて彼らに主の会衆に災が起きるからです。きたるべき日にかかわるものであって勝利を得、エジプトびとにわたしが主であることを知ったその日からこの所におらせます。わたしと語るみ使

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる