ふるさと納税で日本を元気に!

荒川雄弥さんに送る雅歌

荒川雄弥さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

勤労には利益がある、彼の目に隠れて、われわれふたりの上に並べ、また絶やさず供えるパンを置き、人々にわれらを打ち破られた」と言いうる者はない」。エッサイの父とあなたのむすこを取っている所で語るこの言葉をユダの長老たちと共に、とこしえに王であらせられる。主の家の後の栄光は大きい。わが魂は衰える。練った麻で物を言ってください。苦しむ者が呼ばわって王にしたからだとその子エレアザルを聖別した日がある(主はこれを争わなかったので言った、はしため、家畜、またあなたとの間は金細工人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる