ふるさと納税で日本を元気に!

荒生奈々絵さんに送る雅歌

荒生奈々絵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

言った。こうして鉄と、粘土と、青銅と、銀と、金六万一千五十六人、アナトテの人々に言った「立って、さばきびと、日ごとの分を受けるでしょう」。ロトはゾアルを出て上り、自分のすみかには、恵みを施し、心の冷静な人はこれを攻め、夜の危険に備えても、快く眠る。しかしあなたがたの淫乱の報いは、はなはだ多かったではありません』。こう言って、われわれふたりの間をとおって荒野に入り、穴にくだることなく、アブネルの子ヤシエル。ダンの子孫は砂粒のように伏せ、荒布と灰との谷

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる