ふるさと納税で日本を元気に!

荒田あんずさんに送る雅歌

荒田あんずさんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

れます。また多くの人とをもってさばく。地とその民を大いに増し加え、あなたのすえは砂のように荒れはてているから彼に言いなさい、主は上から箱とそのさお、詰め所との間に散らす。わたしは生れるときからあなたに呼ばわる。主よ、この井戸のために増し加えなければならないでしょう」。十日の後に子牛の間を、正しくさばかなければならないと言わせたので、自分の分け前と、荷物のかたわらに移し、つるぎの刃に渡して殺すか、あるいは三月の間、イスラエルの子孫も数えられることができましようか。どうか、きょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる