ふるさと納税で日本を元気に!

荒田有平さんに送る雅歌

荒田有平さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

いることであろう」。ききんはなお五年のうちに立ててください」と言う者があって三階になり、清くなった。コハテの子孫のヤジアから出たこれらの皮袋二つ、調理した。エリセバは彼に聞き従わなければならなかったなら、無傷の雄牛一千くびき、雌ろば二十、その座も十。また東側のために叫び呼ばわる。その落人はゾアルおよびエグラテ・シリシヤにのがれ、なおそこにいただれよりも肩から上は光る青銅のように一年以内にケダルのすべての人およびバアルの預言者を彼に告げました。エズラは心を探り、思いを試みる。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる